繊細CHOFF🐠

繊細で面倒くさい女の子の考えと日常

アラサー繊細CHOFFの経験と考えを書いていきますが、自分が親になってもおかしくない時期で、自分が親だったらという立場と、まだ親になっていない子供としての立場の両方の考えを書いています。人それぞれの考えがあるので、読んでくださる方の中には、きっと納得のできない内容もあるかもしれませんが、一人の繊細な考えの女の子の考えとして読んでくださると嬉しいです🐠

ピルについて(自身の経験)

CHOFF自身ピル服用者です。

以下経験と産婦人科での説明も含め書いていきます。

今となってはピル服用者も増えてきていますよね😊

 

まず、ピルとは?

主に以下種類があります。

⓪高容量(1錠あたりのエストロゲンの含有量:75μg以上)

①中容量ピル(50μg以上)

②低容量ピル(30〜40μg以上)

③超低容量ピル(20μg)

④アフターピル

 

 私は上記②と③と④のしよう経験があります。

まず、⓪、①、②、③の違いは含有ホルモン量の違いです。(上記(かっこ)内)

低用量ピルにはまたその中でも種類があるそう。

・1シートの錠剤の中でホルモンの配合量が変わらない1相性

・ホルモンの量が2段階に分かれている2相性

・3段階に分かれており女性のホルモン周期に合わせた飲み方ができる3相性

 

★本記事内容一覧★

【飲み方】 

以下2つ。

錠数21錠タイプと、休薬期間に内服するための偽薬(プラセボ)が含まれている28錠タイプ

21錠タイプでは、21錠目を飲み終わって2〜3日で月経様の出血があり、7日間の休薬期間を取った後に次のシートに移ります。

8錠タイプでは、1日1錠で服用を続けて、次の月経が終わっていなくても、そのまま次のシートへ移ります。個人差はありますが休薬2〜3日目くらいに生理が始まります。

私は28錠タイプを使用しています。毎日飲むと言うスタイルで徹底的に忘れず飲んでいます。偽薬にも多少のコストがかかっているだとか。

 

【私のピル服用について】

よく避妊目的で使用されるのは、③低用量ピル。

こちらは、産婦人科で処方されてしか手に入らないので、少し手間はかかります。

また、避妊目的ですと、保険は適用されません。

月経困難症がひどい方は③の低用量ピルを処方されることもあるかもしれません。

その場合は保険は適用されると思います。

月経困難症・子宮内膜症による痛みの処方は、④超低容量ピルがよく処方されるのかなと思っています。

私は、もともと避妊目的で③低容量ピルを処方されていましたが、避妊不要かなと思い、ピルをやめたら、生理周期がバラバラになってしまったので現在は④超低用量ピルを服用しています。今回は、月経困難症の一種なので保険適用で対応しています。

 ===CHOFFの飲み方===

夜に飲んでいます。

携帯でアラームセットして家にいる確率が高い23:00に設定しています。

冷蔵庫にマグネットクリップでつけ、いつでも目の届く場所に置いています。

彼氏にも飲んだチェックをしてもらっています。

 

【婦人科では何するの?】

まず、ピル処方希望目的をしっかりします。

避妊なのか?生理痛軽減目的なのか?生理日を変更したいのか?

実施されるのは以下です。

・検尿

・体重測定

・血圧

・血液検査

ピルには血栓症(静脈)の副作用がある場合があるため、血液検査が実施されます。

海外の報告では、確率的にピル非服用者で1〜5人/1万人、低用量ピル服用者は3〜9人まで上昇すると言われています。

したがって、ピル服用の際は、服用中に決戦に起因すると思われている症状(激しい頭痛、胸痛、腹痛、下肢痛、舌のもつれ、視野狭窄など)が見られた場合は、直ちに服用を中止し、処方元の医療機関に連絡することと言われています。

 

【行く頻度】

半年に1回は定期検診に産婦人科に行かなければいけません。確か、避妊目的の低用量ピルの1回でもらえるシートが最大6シート(6ヶ月分)だったと思います。

私が今服用している④超低用量ピルは最大3シート(3ヶ月分)です。

毎回血圧を測り、特に変わった症状がないかを医師へ伝えます。

初めてピルをもらう時は、1ヶ月分しかもらえないです。

 

【持っていくもの】

保険証、診察券、(他院から病院を変更する場合)患者携帯カード(ヤーズ場合はあります)

f:id:ChoffMy:20210205222021p:plain

ヤーズ(他院へ変更する場合のカード)

【ピル副作用について】

(よく言われている副作用)

悪心、嘔気

乳房痛

頭痛、偏頭痛

===実際CHOFFが感じた副作用===

・(飲み始めは特に)強烈な眠気

・食欲増進

・むくみ(よく太るのでは?と言われていますが、むくみなのかな、と勝手に思っています)

・気分の浮き沈み (生理前のイライラがもっと激しい感じ?)

※妊娠している状態と同じ環境のホルモン状態にするため、妊娠時と同じような症状になるらしい。(私は過食に走る方かな と思っています 笑)

 

●乳ガンになりやすい・・・?

➡️ピルは乳がんの発生リスクを増加させると言われています。

エストロゲン含有量30㎍以上の中用量ピルで乳がんの発生リスクがあると言われています。

しかし、エストロゲン含有量20㎍以下の低用量ピル・超低用量ピルでは乳がんの発生リスクは増加しないという研究結果が少しずつ出始めているそうです。

乳がん家系の方は、定期的な乳がん検診の受診をお勧めします。

実際私は、乳がんではありませんでしたが、胸に直径1CMくらいのしこりができました。(彼氏が見つけました)

自分で普段からチェックするのもあり、彼氏などに見つけてもらうのもありです。

 

●子宮頸がんのリスクは・・・?

➡️ピルの長期服用によって子宮頸がんの発生リスクが高まる可能性があるそうです。

子宮頸がんの発生には、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関与しています。ピルの服用により新たなHPV感染リスクが増加するのではなく、すでに感染したHPVの排除率が低下し持続感染することで、がんの発生をもたらす可能性があると言われています。

子宮頸がんの定期検診も定期的に受診することをお勧めします。

 

【アフターピルについて】

性交後72時間以内(3日以内)に緊急的に用いる避妊薬。

今では72時間〜120時間以内に服用でも大丈夫だそうです。

(種類)

病院によって取扱ピル数が違いますが、多くのところは、2種類くらいあると思います。

・レボノルゲストレル (1錠1回の錠剤服用)

・ヤッペ法(2錠2回(性交後72時間以内に1回目、12時間後に2回目の服用)

(副作用)

個人差はありますが、私は上記2つ飲んだことありますが、副作用(嘔吐・吐き気)は特にありませんでした。

私の友達は、吐き気に襲われていました。

(必要な時)

・避妊をしない性交後

・コンドームが破れたり外れたりした場合

・低用量ピルの内服忘れや下痢などによるピルの吸収障害

・腟外射精など

(費用)

病院によりますが、10000円〜17000円くらいです。

 

【ピル服用後吐いてしまったら・・・?】

ピル服用後3時間以内に嘔吐してしまったら、次の日分を服用したほうがいいそうです。1日ずれますが、そのまま服用してOKとのことです。

 

【ピル服用し続けると妊娠しにくくなる?!】

➡️服用期間と中止後の妊娠率には関係ないそうです。

 

【ピル服用やめるとすぐ妊娠する?】

人それぞれですが、ピル服用中止後平均3ヶ月以内に排卵が再開しているそうです。

私の友達の知り合いは、ピル中止後1ヶ月で妊娠したそうです。

 

【性感染症対策は・・・?】

ピル自体に性感染症を予防する効果はないです。

 

【他の薬との服用は・・・?】

抗生剤、鎮痛剤と併用OK。

(その都度薬剤師さんに確認は必要だが、市販の薬で頭痛薬とかは併用大丈夫です)

(以下併用NG)

・抗てんかん薬

・抗結核薬

・抗HIV薬

・セイヨウオトギリソウを含むもの(精神安定系サプリ、ダイエット茶などに含まれている場合多いそうです)

 

CHOFF自身、めちゃくちゃ生理痛がひどく、不安定でPMSもめちゃくちゃ酷かったですが、ピルを飲んでかなり楽になりました。

生理痛の酷さは本当に辛いと思うし、毎回鎮痛剤飲んで、仕事(学校)も休んだり、大事な日と重なったりするのも嫌なので、コントロールできるものはした方がいいと思います。

恥ずかしいものでもないので、ピルを飲んでより楽しい日々を過ごせ流ようになるといいですね🐠