繊細CHOFF🐠

繊細で面倒くさい女の子の考えと日常

アラサー繊細CHOFFの経験と考えを書いていきますが、自分が親になってもおかしくない時期で、自分が親だったらという立場と、まだ親になっていない子供としての立場の両方の考えを書いています。人それぞれの考えがあるので、読んでくださる方の中には、きっと納得のできない内容もあるかもしれませんが、一人の繊細な考えの女の子の考えとして読んでくださると嬉しいです🐠

指の皮を剥いてしまう癖

指の皮を無意識にむしってしまう症状ある人いるのではないでしょうか。

 

小さなころからの癖だからなかなか直せない、無意識にしてしまうから気づいたら…やってしまった後には、結構ひどい見た目になってしまうこともありますよね。

 

最近になって自傷皮膚症・強迫性皮膚摘み取り症とSNSとかで結構悩んでいる方も多いように感じます。正式病名があるそうで「皮膚むしり症」と呼ばれる。

皆さんがよく聞く症状では「抜毛症」と同じジャンルで強迫症(強迫性障害)と同じグループ。

抜毛症だと、ストレスとかが大いに原因とイメージしやすいように、皮膚むしり症も同じ。

リストカットなど自傷行為をしたことがある人は、「皮膚むしり症」を発症している人も多いと思う。

 

自傷行為をする心理としては様々な理由があるが大いに自分を傷つけることによってコントロールしようとする。感情としては「無になれる」「血を見ると安心する」など。

専門的な内容としては、自分を傷つけることで鎮痛効果として、脳内でエンドルフィンやエンケルファイリンという麻薬性の脳内物質が分泌されることがわかっています。

確かに、血が出るまでリストカット、指の皮膚を剥いてもしている間は痛くないんです。

●原因は・・・?

ストレスです。

●環境

私自身皮膚をむしってしまうとき、小さなストレス、大きなストレスどんなストレスでもストレスを感じていたらしてしまっています。

小さなストレスでは、自分ではストレスなのか?と感じるものでも体は反応しているものです。我慢という感情がある限り体にはストレスがかかっています。

私の場合(小さなストレス)で無意識に皮膚をむしってしまっている時は以下。

・会社に行く

・嫌な人と話す

・緊張している

・焦っている時

・手が乾燥している時

●なおすためには・・・?

私はまだ直っていませんが、いろいろ試してみました。

・バンドエイドをはる

(見た目が結構ひどくなります)

・ネイルをする

(指先への意識が高まるので「せっかくネイルしたし」と言って多少すくなくはなる)

・ハンドクリームをこまめに塗る

(乾燥していると余計剥きやすくなるため、ハンドクリームを塗ることでよくなることもあったが、私はあまり効果がなかった)

・彼氏に怒られる

(怒ってもらっても、やめられませんでした)

・手袋をつける

(不便なので結局意味がありませんでした)

・甘皮を管理する

(剥き始めるところは、指の甘皮部分・剥きすぎて皮が厚くなっている部分なので、甘皮を処理することで甘皮からの剥き始めは少なくなりました)

 

やはり、してしまった後、後悔をするときもあります。

特に女性、名刺を渡すときや、お食事の時せかっく気をきかせて取り分けたりしても指先が一番見られるので少し気分が落ち込むかもしれません。

 

上記の私のお試しが誰かの直すきかっけになればいいです。

私はかなり重度な指むしりなので、今後も戦っていきます。

 

 

モラハラ親のもと生きづらさを感じていませんか。

気づかないうちにモラハラ被害者になっており、自分を偽らなければいけなく、生きづらさを感じている人は多いのではないでしょうか?

 

特に自分の親がモラハラだった場合、自分の人生に自信がなくなってしまうと思います。

アラサーにもなって親とうまくいかず、これは私の問題ではなさそうだと感じ、自分の親がモラハラ親ではないかと疑ったところがきっかけで、今回の記事を書きます。

そもそも…

 

●モラハラとは?

モラハラとは、モラルハラスメントの略で、精神的虐待、暴力のことです。

今となっては、ハラスメントという言葉をよく聞く世の中になっていますが、ハラスメントとは、「苦しめること、悩ませる事」と和訳されます。

 

 

モラハラの加害者の特徴としては、以下6点。

1、相手の考え方、行動を否定し、あらゆる理由を押し付け支配する

2、相手の欠点大きくいい、責め立てる

3、相手が自立しようとすると、ひどい言葉の暴力で相手への精神的ダメージを受けさせる

4、他人をコントロールする

5、相手の人格・人権を認めない

6、自分を棚に上げて責任転嫁する

 

★気づかないうちに被害者になっている可能性が・・・?

・モラハラの大きな特徴は、被害者はモラハラを受けていることに気づかないことが多い

・加害者の感情の起伏が激しい場合、加害者が優しくなった瞬間に、被害者はその雰囲気に飲み込まれてしまい、気づかないことが多い

 

●モラハラ親(=毒親)の特徴

一緒にいるだけで子供に害を及ぼします。

身体的暴力ではなく、精神的暴力を与える親のことです。

子供なら親の言うこと聞けと小さな頃から言われているものですので、モラハラだなんて思いもしないですよね。

・すぐに怒る

・子供の意見(特に反論)を一切聞かない

・褒めない

・共感しない

・自分のルールを強要する

・子供の人生は全て親が思っている通りにするものだと言う

・子供の幸せを願わない

・謝らない

・外ではいい親を演じる

・世間体、常識を盾に取る

・ごくたまに家庭内でいい親を演じる

上記「しつけ」だと思い込んでいる親も多くいます。

「子供のために」「あなたのために」と言われて仕舞えば、子供は反論できませんが、それは支配を受けている状況です。

 

●こんな状況に陥っていませんか?

・親の言うこと聞かなければ・・・

・話さなければ親に怒られる・・・

・親を喜ばせなければ・・・

 

自分はこうしたいのに、過保護だな、なんか生きづらいなと感じたら、勇気を振り絞って親に振り回されない自分を強く持ってください。

・自分がモラルハラスメントを受けているかもしれないと言う疑問を持つこと

・相手の言っていることに疑問を持つこと

・自分の意見を持って立ち向かうこと

・親に従わなければならないと言う固定概念を捨てること

・親に依存しないこと

 

もちろん、産んでくれたのは母親、育ててくれたのは両親、なので親に従って当たり前 と言う考えがあっても良いと思いますが、自分の人生がそれで苦しいのであれば、どこかで自分を強く持つ必要があります。

親が欲しくて産んだ子供であっても一人の人間であり、あなたの人生があります。

 

親の考え=あなたの人生ではないです。

自分が考えて決断した人生・生き方なら、どんなことがあっても前に進んでいけると思います。

親に決められ仕方なく行くと勝手に「人のせい」にしてしまう癖がついてしまっているかもしれません。

自分が自分でなくなる前に、友人や自分の信じれる人に相談をしてみてください。

この記事があなたの一度きりの素晴らしい人生の助けになれれば良いです。 

 

 

 

 

 

初彼との約束#4(大学)

初彼Yとの約束、、、いまだに覚えています。

「高校は離れちゃったけど、大学は一緒に行こうね」

そんな約束を果たすまでに別れてしまった。

大学は、髪の毛染めたりピアス開けたり(高校の時勝手に開けたけど)自由にできることが何よりも楽しみだった。

入学式の前にプレテストがあり、学校へ。

地元の駅から大学へ行くまでの電車通学、1つ乗り換えがあったので、そこで電車を待っていると、見覚えのある顔が。

まさかとは思ったが、間違いなく元カレYだった。

でも乗り換えの電車の先には他にもいくつか大学があるのでまさか一緒だとは思ってもいなかった。

私「久しぶり」

Y「久しぶり、元気?」

私「元気、そっちは?」

Y「元気、まさかだけど大学どこ?」

私「〇〇」

Y「・・・約束」

私「約束は覚えてるよ。Yはどこ?」

Y「約束のところ」

私「・・・」

二人とも言葉失ってた。

私「覚えていてくれたんだね」

Y「そっちも」

私「ありがとう」

Y「うん、こちらこそ。」

本当は、その時でも私はYが好きだったので、嬉しくて仕方がなかった。

その日から電車ではYの姿を探すようになった。

戻れたりしないかな・・・。なんて淡い気持ちを持っていた。

 

ある学校帰り、たまたま帰りの電車Yと同じ電車に。

思い切って聞いてみた。

私「戻るとか、、無理だよね」

Y「戻ってもいいけど、今の彼女をふる理由がないから、今は無理かな」

私「そうだよね」

 

もうきっぱりと離れようと思いました。

Yはもう前に進んでいるし、私が引きずっていても仕方がないって。

だけど高校で別れた時もうすごくショックだったみたいで、その時の話を聞いて

あの時の私の決断はまだ子供だったのかな、、、なんて反省もしました。

だけどお互いとても好きだったってこと、別れて気づきました。

 

意地を張らず、戻ってと言われたあの日、自分に素直に戻ればよかったな。

そしたら今はきっと違う私だったかもしれない。

 

皆さんも、自分の決断にはしっかり後悔のないよう、自分に納得のいく決断をしてください。

大学3年の時、ばったり地元の駅で会いました。

彼の左薬指には指輪が。

まさか結婚なんて?まだ19歳だよ。

でも指輪をすることすら嫌だったYなのに、しているってことは相当な相手なんだね。

高校3年の時、大学1年の再会の時は、私以外に好きになれる人なんているの?(自分からフっておいて)って思っていましたが、大好きだった人にこそ、幸せになって欲しいなと今では心から思います。(少しは大人になれた気がする)

どうか幸せになってください。

 

その日を境に私は彼をきっぱり忘れる努力をしました。

別れてから7年、やっと夢にも出て来なくなり、写真を見ても何も思わなくなりました。

「付き合った期間×3年=記憶に残る」という公式(ママからの言葉)は、本当なのかもしれない。

人間って、別れた後、いい記憶しか残らないけど、記憶だけはいい記憶だけ残しておきたいもの。

 

 

 

初彼との約束#3(高校)

高校入学式

 

高校デビューとまではいかないが、学校一スカートが短くて目をつれられたのは覚えている。

人見知りがない性格だった当時、クラスの席でとりあえず周りの女の子全員と話していた。だけど、中学の時に私をいじめていた子も同じクラスで正直声をかけようかと思ったが「仕返ししてやろう」なんて考えになってしまった。(これは本当に間違いだった)

ママからはやられたらやり返せって言われて育ったが、そこで発揮。

これは小学生まで通用することで、思春期以降は自分の直感で動けばいいと思う。

話したくないなら話さない、話したいと思えば話せばいいと思う。

正直ママの言葉が正しいと思っていた私はやり返すという決断をした。

入学式当日では元気な男の子Rと仲良くなり1年生は楽しくなると思っていた。

Rは隣の市から来ていたが、隣の市ではかなり陽キャラで有名人だったみたいで、Rのおかげで学年ですごい勢いで目立った存在に。

学級委員みたいなのやったり、生徒会で活躍したり、文化祭でオープニングでダンスしたり(踊れないのに)

今思えば高校1年生はビジュアルもまあまあで、モテ期だったのかなっておもってる。

なんでかって、彼氏がいることは言っていたが、結構いろんな子と仲良くしたくて異性かかわらず色んな子と仲良くなった。

そうしたら自然と私のことが好きになっちゃう子も多かったみたい(後から聞いた話)

ただ、小学生の時に培った(?)八方美人技術が発揮され、女子からは嫌われる対象になっちゃったけどね。

学年でモテる男の子からは結構言い寄られていたけど、ちやほやして結局仲良くはするが、付き合わない。(彼氏がいたから)

でもこの行動は女子として本当に好まれないから気を付けたほうがいいね。

そして調子に乗ってクラスに一緒になった中学の時私をいじめていた子をターゲットにしようと悪口を言い始めたのも失敗だった。

そこは大人になるべきだったかな。すごく反省している。

初めての生活で過去のできごとを新生活でいうのは本当によくないから、仕返ししたくても一旦は我慢をしたほうが自分のためになると思う。

 

違うクラスだけど仲良くなったMの友達D君と私の彼Yが同じ高校に行っていることがわかり、文化祭を一般公開しているということから、サプライズでMと一緒に彼Yの高校へ行くことに。

ただ、文化祭の入場チケットが必要だったため、D君にもらいさあ当日。

D君とYが同じクラスだったため、ひっそりと登場。

私を見た時の表情「なんでいるの?」

喜んでくれると思ったのに、そうでもなかったから高校でも隠したいのかな…と思いちょっとショックだった。

私は嬉しくて嬉しくてたまらなかったのに気持ちのギャップがあったのかな。

 

毎週Yとは学校終わりに地元の駅の裏でひっそりと会っていた。

中学の同級生に見られたらいやだったんだって。会えるのは嬉しかったけど悲しい気持ちが強くなっていった。

学校では仲のいい男の子もいて、相談乗ってもらううちにちょっとはお休みしたほうがいいのかな なんて気持ちでYに別れを告げようとおもった。

高校1年のクリスマス、初めて私の家まで来てプレゼントをくれたけど、正直気持ちが冷め切ってしまっていて会うのすらつらかったの覚えてる。

時計のプレゼントだったね。

高校2年の春終わりかな、別れたの。だけどいざ別れるとなるとすんごく辛くて毎日毎日泣いてママには「運命の人なら絶対どっかで巡り合えるよ」といわれ ずっとそれは信じている。

Yも私から別れを告げられるとは思いもしなかったみたいでかなりショックだったみたい。何回も「もどろ」と言われてうれしかったけど また同じ悩みで悩みたくないと思ってお別れを貫き通した。

正直私は悪い女ですが、すぐに同じ高校で相談に乗ってもらっていたKと付き合うことに。(男の問題は男でうめる なんて言葉が流行っていてそれをやってみようと思った)

Kとは同じ高校だし毎日会えるし同じ部活だしでほぼ一緒にいた。

私はずっと一緒にいたいタイプなのでそちらのほうがあっていた。

 

だけど、ずっとYのこと忘れられずでずっと大好きだった。

ある日、私の地元の駅までKと帰っているとき、Yとばったり。。。

めちゃくちゃ気まずくて、もうKに「元カレのYです」Yに「今の彼のKです」って紹介したよ…。

そのあとYは駅でお迎えを待っていたとき私は好きなのに。という気持ちが前面に出て「今のほうが幸せだもん!」ってYに聞こえるように意味もなく叫んでいた…。

Kにはやめなよ、と言われていたが 変な期待があったのかな。

 

当時、個人HPを作るのがとても流行りで、いろんな子が個人HPを持っていた。

友達はHPのリンクをはって飛んだりしていたうちに、Yの彼女らしき人を発見。

そこでYは高校2年のとき彼女を作ったみたい。

なぜかわからないけどものすごくショックでその女どんなやつだろう ってめっちゃ思っていた自分がいた。(自分がふったのに)

 

Kとは高校生活すごく楽しかったけどどこか頭の片隅にはYがいた。

だけどカップルというか本当に仲のいい友達みたいな感じで、勉強デートというか一緒に勉強しかしていなかった。

高校3年のセンターの模試を学外で受けるとき。

私はKと一緒に行き、教室が違ったので頑張ろうね と言って別れた後、教室の席の左横横にはYが…。そして私の右斜め前はYの彼女が…。

Yとは本当に2年ぶりくらいの再会だったが、心臓がバクバクしていたのは今でも覚えている。「やっぱ好きなんだ…。」

そしたらYの彼女も私のこと知っていたのか知らないけどすごいにらまれたの。

最初で最後にあったYの彼女、正直かわいくなさすぎて「こんな子が好きなんだ」って思った。

 

Yにはあったものの当時は受験勉強に集中できていたおかげでKと一緒に第一希望大学合格することができた。

受験が終わったが、Kとはあまりうまくいっていなかった。

私がクラスの男の子RとUの3人でいることが多くなり、3人でいるほうが楽しく感じてしまっていた。RもUも彼Kとは真逆の性格だったので、ちょっと新鮮さを求めちゃったのかもしれない。

それもあってか、大学入学後すぐKとは別れてしまった。

Rは途中で音信不通、Uは3年浪人で最終的に県外へ行き結局みんなバラバラになってしまった。

今思えば、2年私のわがままに付き合ってくれたKに謝りたい。

きっと卒業後あまり会えていなかった私には「あいつは変わった」って思われていたんだろうな。

一瞬の楽しみに目がくらんでしまって大切な人を失ったのは、失ってから気づいた。

これが学生の恋で経験できてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初彼との約束#2(中学)

初めてのキスは、公園でだった。

私と初彼Yは、学校にはオープンにせず付き合っていた為、会う時は人気のない公園か、彼の家だった。

キスのタイミング今でも覚えてる。

目と目があって、お互いキスしたいけど恥ずかしくて、私は結構積極的だったから、「キス、、、する?」って聞いた。

そしたら、「いいよ」って言われて目瞑ってもしてこないから、自分からしようとしたけど恥ずかしすぎて、唇少しずれちゃったんだ(笑)

 

初デートは、中学1年のクリスマス。イオンにデートしに行くけど、電車降りて、イオンまでなかなか手を繋いでくれない・・・。(やっぱ誰が見ていてもおかしくないから嫌なのかなと思っていた)

そしたら、イオンエントランス前で右手を出して「つなぎますか」と言われた時は「うん!」って言って思いっきり手を繋いでいたな。お互い手汗すごかったね笑

そしたら、近所に住む女先輩に遭遇。。。

もう咄嗟に手離したよね。そしたら「なーにー付き合ってんの」って言われて「いいえ、友達です」って即答した私。それでよかったんだよね・・・?

 

私の初めての経験は、中学2年生春の時。

その時携帯小説が流行っていたから、大体のイメージはついていたし、何より初彼が初めてでよかったっておもってる。それくらい大好きだったから。

毎日学校帰りに彼の家行って宿題してイチャイチャしての繰り返し。

もちろんコンドームは使っていたけども、コンドームをつけてでも中でいくと、精子はコンドームの間を通って行くから妊娠する可能性があるなんて話も聞いていたからびびっていたよね。

だけど、することが「いい関係ない」と勘違いしていました。

 

【実際コンドームをしていても妊娠はするの?】

以下理由で避妊に失敗することもあります。

・つけるタイミングが間違っている

 ⇨挿入前にしっかりつけよう

・コンドームの破損

 ⇨爪などで傷をつけてしまっていたり、極薄のものだと敗れやすいので、射生後、水など入れて漏れがないかなどチェックすると良い。

・精液の漏れ

 ⇨射生後はすぐ取るようにしましょう。液が漏れやすくなっています。 

【完全な避妊対策】

低用量ピルの服用とコンドームの併用。

実際私は前の彼の時は徹底的に避妊していました。

(参考)ピルについて⇨★ピルについて(自身の経験) - 繊細CHOFF🐠

 

もともと生理痛がひどくて、生理不順だったから、生理が来なかった日はソワソワしていたよ。

正直「ラルーン」という生理周期の管理アプリ(今では女性が使うコミュニティみたいな感じになっています)で悩み相談とかができたので「妊娠したかも知れない、どうしよう」とか言って書き込んでいました。

その時は、不妊治療の方もいらっしゃったりしたので「望まない妊娠の可能性があるならどうしてそういう行為をしたの?」といったど正論を言われてびびっていました。

でも今となっては、本当にコメントで言われた通りだと思いますね。

なので、しっかり自分でできることはして欲しいです。(上記記載【完全な避妊対策】)

 

夏には、初めてプールデート。

スクール水着以外きたことがない私はママと水着選びを。

世の中の中学2年生、ビキニなんて普通に来ていた。胸がないことコンプレックスにビキニなんて着る勇気もなく、ママにも「お腹冷えるから」なんて言われてビキニとビキニの上に着るセットアップのやつを購入。もちろんパッドも。

前日は体の産毛(いわゆるムダ毛)を処理するのに超絶苦労したよ。

私濃くて多いから、本当にコンプレックス。

足、腕、脇は普段通りだけど、ビキニってお腹、胸、背中出るじゃん?

背中頑張って剃ったよ、そしたらママに「シマウマみたい」って笑われた 笑

シマシマに剃っていたみたい笑

 

当日、ビキニだと思っていた彼はちょっと残念そうだったね笑

私はパッドが出ていないかってずっと心配だったよ。

 

中学校3年生になり、受験を目の前にすると彼とも会う時間も少なくなりましたが、毎日メールはしていました。

彼は、野球の推薦で私立に入学することが中学3年の夏には決まっていて、私は公立の高校に行く予定だったので学校が離れてしまうことはわかっていました。

少し寂しいということもあり、交換日記をするよう彼Yに強要したりもしました 笑

 

一つ、彼と約束をしました。

「高校は離れ離れになっちゃうけど、大学は絶対一緒の大学に行こうね」

 

私も受験勉強が本格的になってくると学校で目が合うだけ・・・といった日々を過ごすことに。

みんなにバレないように目を合わせ、わからないように「よっ」って手をあげる。

帰ったら「今日も目があったね」なんて話をする。

ある日学校帰りに、私の大っ嫌いな女の子と一緒に帰っていて本当にショックで家に帰ってずっと泣いていた。そしたらママが「そっかそっか、そんなこともあるよ(かわいい悩みだ)」と言って部屋を出ていったのを今でも覚えている。

(確かに今思えばかわいい悩みだよ)

 

卒業式が近くなると、卒業アルバムの最後のページに寄せ書きを書き合うけど、私は彼に学校で書いてとお願いして「好きだよ」なんて書かれるのを期待したけど「ありがと」だけだったから拗ねた。

私は彼に「みんなが書き終わったら最後に書いて」って言われてなんでって聞いたら「好きだよ」って絶対書くじゃんと言われ 完全にバレてた笑

私はいつかはみんなに「付き合ってるんだ」って言ってくれると思っていたけど、そんな日は来なかったな・・・。

私に自信がないのかな ってずっと思っていた。

 

卒業式

入退場ずっと目を合わせていたのは、みんな気づいていたのかな。

第二ボタン、もらったけどどっかやっちゃったな笑

 

今の時代第二ボタンもらう風習あるのかな?

 

 

 

 

初彼との約束#1(中学)

小学校で恋を覚えたCHOFFは、中学でもまあまあな恋する女の子だった。

以下実話のCHOFFの恋愛ストーリー。

 

中1の時隣のクラスの色素が薄い系で目は綺麗な茶色、髪の毛も茶色に近い色のK君がとても気になっていました。

だけど、あるタイミングでK君が一気に嫌いになります。

部活の途中忘れ物をした私は、教室に戻ると、K君と廊下でばったり。

「あ、目があった・・・」って思った瞬間 「きもっ」

「・・・え?話したこともないのに?!」

そっから、印象悪しK君。

 

その後、好きな人がいたわけではないけど、私のことが大好きだったH君からの猛アピールがすごかった。ただただ、仲のいい友達やと思っていたが、周りから「H君と付き合ってんでしょ」と言われていた。

しかしそんなH君中2から不登校になってしまい、音信不通。

中2の夏、元々お互い好きだったかどうかすらあやふやで、なぜ付き合うことになったのかすら覚えていないが、彼氏ができた。

私は学年では運動のできる陰キャラ、彼Yは学年でまあまあ友達多い野球少年だった。

彼は私と付き合っていることを隠したいといい、中学2年間ずっと隠し通してきた。

理由はいまだに知らない。恐らく陰キャラと付き合っているだなんて言えなかったのだろう。

ただただ私は付き合うと言う感覚がよくわかっていなかったが、その時はやっていた携帯小説のようになってけばいいのか・・・?と考えていた。

だけど彼Yのことはどんどん好きになっていった。

付き合って2ヶ月くらいの時、私の得意でない女の子Mから「Y君のこと好きなんだよね、Y君と今度一緒に遊びに行こう」と言われ、渋々OK。

彼Yと誰かと女の子Mと私でボーリング。

正直付き合ってから彼Y と遊びに行くのが初めてだった。

そんな私はやったこともない化粧をし、きっと今思えば浮いた顔していたんだろう・・・。

女の子MはもうYにデレデレ。私たちは普通の友達のように遊んだ。

その後、女の子MはYにメールアドレスを聞いて「私告白する」と言ってきた。

「もう好きにしてくれ」と思って「がんばれ」とだけ言った。

そろそろ4人解散となった時、私は彼Yに「この後二人で話そう」とメールを打ち、別々に違う場所で集合。

その時二人きり話すのが初めてだった気がする。

ちょっと緊張気味だったのは、今でも覚えてる。

一緒に帰りたかったけど、地元 誰が見ているかわからないと言うことで、別々に家に帰った。

私は、バスケ部だったが、先輩・同級生からいじめられ、やめた。

そうとなっては、学校帰りに彼Yの家に毎日のように通っていた。

彼Yの家は学校から徒歩10分ととても近くて、他の子の通学路でもあったため、隠れながら行った。学校には内緒で携帯持っていき、「今、家の裏の庭にいるよ」なんて言って入れてもらっていた。

ただただイチャイチャだけしていた。

ある日ママから「男の家には行くな」と怒られ、すごく泣いた。

その時は理由を話してくれなかったけど、きっと中学で妊娠だなんてことも恐れていたのだろう。

私の家族はそう言った話は一切しない。だけど、こういった話を親子でするのはすごく大切だと思う。なんせ日本の性教育はしっかりしていなさすぎる。

(日本の性教育について➡️日本の性教育(思春期の子供に伝えるべきこと) - 繊細CHOFF🐠)

だけど、経験はしたいもの。

きっとみんなそういった内緒のお話ってあるよね🦭

 

 

 

 

日本の性教育(思春期の子供に伝えるべきこと)

日本の性教育は、教えるべきことを教えていないと思う。

「恥ずかしい」という概念がまず一番に出てきてしまうからだと思う。

「恥ずかしい」ことだけれども、生き物である以上、生殖活動は子孫を残すためにも必要な活動です。その生殖活動に対して恥ずかしい考えはありながらも、人間には「欲」があり、生きる上で年齢が早いにしろ、遅いにしろ経験をしていく道なので、算数の足し算がみんな知っているように、知らなければいけない知識だと思う。

 

私の覚えている性教育と自分の経験を書いていきます。

自分にお子様がいる方は是非自分の経験を思い出しながら、参考にしていただければと思います。

 

小学校2年生まで男女関係なく体育の授業は教室で着替えをしていた。

だけど「異性(人)を好きになる」と言うことは知っていた (なぜか)

小学校3年生の時、初めて保健の教科書に「生理」と「赤ちゃんができるまで」と言うページがあった。

私は自分が保育園年長さん(6歳になった頃)に弟ができた。

ママからは、お腹が大きくなってから、赤ちゃんがお腹にいるよと言うことを教えてもらい、赤ちゃんはお腹から生まれてくることを知った。

なので、どうやって赤ちゃんができるのかと不思議には思っていたので、教科書の内容にはすごく興味があった。

学校の先生からは「女子と男子は別れて授業をします」「着替えは女子は更衣室に移動して着替えます」と。

今まで一緒に着替えていたのに、「なぜ」と言う疑問しかなかった。

 

●学校教育内容

学校の先生から初めに言われた言葉「人それぞれ時期は違うが、大きくなるにつれ、体に変化が起こります。赤ちゃんはお母さんのお腹かから産まれてきますよね。女の子しか経験できないことがあります。」

生理について「女の子は、生理というものが始まります。生理は大体月に一回(周期25~38日)に膣から血が出ます。これは、赤ちゃんを産む準備ができたという体のサインで、赤ちゃんができなかったら、血が出ます。」

妊娠について「膣から精子(男の子が持っています)が入ってきます。そこで精子は子宮まで生き、卵子と出会い、子宮にくっ付いたら、妊娠で、赤ちゃんができます。」

私は「どうやってこの精子は入ってくるんだ?」というのが本当に疑問でした。

率直に、精子の入る仕組みから説明したほうがいいと思う。

また、生理が始まると同時に妊娠できる環境が整うということなので、避妊についてもしっかり説明することが大切だと思う。

幼い女の子を相手とした犯罪も世の中には増えているので、自分の体は自分で守らなければいけません。

初めて、セックスという言葉を聞いたのは小学校6年生の時。

私は、全く知らず一部男子生徒が黒板や壁に落書きをするようになり、セックスってなんだ?ってところです。

クラスの女の子は親から教えてもらったらしく、私はその友達から聞きました。

だけど、恥ずかしいことなんだろうなと思い私はそういう話は親とはできなかったので親には聞けませんでした。

しかし、今思えば、親からは説明してもいいものだと思います。

♂男の子であれば、「女の子の体を見たい、触りたいと思うのは普通で、勃起してしまうのも普通。いずれかは、セックスをしたいと思うのも普通。ただし、セックスというのは快感だけではなく、女の子を妊娠させてしまう、自分が気づいていない病気(性病、HIV)があったらうつしてしまう、といったリスクもあることをしっかり理解した上で、かつ相手の女の子としっかり話し合った上で行うものであること。(世の中には男の子が加害者になりやすいということ)コンドームを正しい知識で使うこと。持っていることは恥ずかしことではないよ。」

♀女の子であれば、「男の子の体を見たい、触りたいというのは普通。いずれかは、セックスをしたいと思うのも普通。ただし、セックスというのは快感だけではなく、妊娠してします、自分が気づいていない病気(性病、HIV)があったらうつしてしまう、といったリスクもあることをしっかり理解した上で、かつ相手の男の子としっかり話し合った上で行うものであること。コンドームを正しい知識で使うこと。持っていることは恥ずかしことではないよ。また、ピルという薬もあるということ。ピルの知識を正しく持っていることは大切。ピルを飲んでいることは恥ずかしいことでもないよ。望まない妊娠をすることは、自分にとっても、産まれてくる子供にとってもよくないので自分の体は自分で守ること。」

性欲は人間であればある欲です。(お腹がすいた:食欲 と一緒)

「自分がしたくない時は、しっかり相手に伝えることも大切。」

 

【コンドーム】

コンドームは、比較的手に入りやすいです。

自分で購入するのもよし、親から渡すのもよし。

(私の周りの男の子の友達では18歳くらいでパパから渡されたと言われていました)

主な購入先:薬局・コンビニ(薬局より金額高め・24Hいつでも手に入る)

現在さまざまな種類のコンドームがありますが、経験上以下のものをお勧めします。

薄さ0.03以上。

0.02や0.01で極薄でより快感が求められる商品もありますが、経験上あまりお勧めしません。破れることが多発しました。

コンドームをつけていれば、中で射精することも多いともいます。

しかし、破れていることに気づかず、、、と言うことも多いです。(私は12個中10個破れました)

【ピル】

ピルにはいくつか種類があります。

(CHOFF自身も使用中)

詳しくはこちら↓

★ピルについて(自身の経験) - 繊細CHOFF🐠

 

【避妊リング】

経験はないですが、欧米では主流になってきていて、日本でも広がりつつあるみたい。

長期的に避妊を望む方

ピルのように毎日飲むのが苦手な方。

挿入型。

費用がかかる。

【生理用品】

●ナプキン

 ・使い捨て(主流):使いやすいし、コストもそこまで高くない。しかし、モレ、匂い、見た目が気になる方も多いのでは。

 ・布ナプキン:使用したことないが、コスト的にはいいのかな?でも衛生面でも使い捨ての方が楽な気もする。

●タンポン

私のおすすめ(処女の方はやめた方がいい?といった意見も多いみたいですが、タンポンの会社のHPには処女でも使用可能と記載ありです)

以下私が使用しているもの!(経血量によって使い分けているよ)

●月経カップ

使用したことないが、気になっている(初期費用は高め、上手に使えばタンポンよりも衛生面では良い。ただ、交換時が手が汚れるため、そこがデメリット)

サイズもあるみたいだから、どのサイズがいいかはWEBで調べてみるのがお勧め。

以下は私が購入検討中のもの😊

 

ちゃんとした性教育を受け、自分の体は自分で守ることができる世の中(特に日本)になっていって欲しいと思う。また、セックスは悪いものではないので、良いイメージで適切で正しい知識で楽しい生活をして欲しいと思う。